<企人協トップ>    <腕だめしメイン>

大阪企業人権協議会 会員事業所向け
人権研修教材

人権腕だめし- No.1−

                                        
シリーズ番号 01-0912
     No.      【人 権 腕 だ め し】 【   解  答   】
   設問1   
毎年12月4日〜10日にかけて人権週間の取組みが行われているが、これは同和問題の解決を図るために提唱された日本独自の人権啓発運動である。

1  はい   

2  いいえ   
  設問2   
高齢者や障がいのある人はラッシュの時間帯やお祭りのような沢山の人が集まるところには他の人に迷惑にならないように出来るだけ遠慮すべきである。

1  はい   

2  いいえ   
  設問3   
「郷に入ったら郷に従え」という諺があるように、日本に住む外国人も自分の国の文化や習慣を早く忘れ、日本の文化・習慣に従って生活し、日本社会に溶け込むことが必要である。

1  はい   

2  いいえ   
  設問4   
独身の男性が同じ職場の女性に何度も断られるのに、再三デートに誘うのは「職場のセクハラ」である。

1  はい   

2  いいえ   
  設問5   
マンションを借りるときに、その土地がどのような環境にあるのかが気になるので、宅地建物業者に「その物件が同和地区にあるかどうか」等を尋ねてからにしようと思う。

1  はい   

2  いいえ   
制作:大阪企業人権協議会 サポートセンター 2009年11月
人権腕だめしNO.1PDF
教材の請求(解答資料など) 
大阪企業人権協議会